シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

壊れた
一雨ごとに日差しが力強くなっています
雨と晴れの日が短い周期で繰り返され庭の雑草も勢いよく伸びてきました。。。。。。
まるでどこかの空き地のようです(泣)

この忙しい最中 洗濯機が壊れました
2005年製なので ちょうど10年しようしたことになり寿命かなと思って買い換えることにしました
乾燥機が無くて不便だったので今度は乾燥機能の付いた洗濯機を調べました
ドラム式はあこがれだけど高いし わが家は犬用と人間用に2台の洗濯機を洗面所に置いているので あまり大きなサイズの物は置けません
そこで縦型で乾燥機能が付いた洗濯機を選び注文しました
先日 納品に来ていただいたのですが なんと洗濯機の高さが高く 蛇口が引っかかって入らない!
業者さんは慣れたもので 最近こういうケースが非常に多いんですよ 蛇口の位置を変更するか洗濯機を変更してくださいと持って帰られました。。。。。
他の洗濯機を探してみましたが 乾燥機能の付いた洗濯機で蛇口より背の低い機種が無い!
それなら蛇口の位置を変更しようと水道屋さんに見積もりを頼んだから3万円もかかるって!
どうしようか悩んでいたら洗濯機のカタログに防水パンの中に置けない洗濯機を置く台を発見!
防水パンをはみ出して蛇口が引っかからない位置まで前に出せばいいんじゃん!
という訳で早速この台を注文したら メーカーの在庫切れで27日にならないと入らないって。。。
仕方ないので27日まで待つことにしました
この忙しいのにコインランドリーに通わなくちゃ
トホホ。。。。

桜の花は既に終わりましたが今年は一度もアップしなかったので今更ですが
hana-sakura3a.jpg




さて 今日の記事は犬のアレルギーについてです


人間だけじゃない!「イヌのアレルギー」対策で飼い主がすべきこと

この春、花粉が飛び交い、アレルギーでツラ〜い思いをしたという人も多いのでは? 外出の際にはマスクをしたり、こまめなうがい・手洗い、時にはアレルギーの薬を飲んだりなど、それぞれ対策をされた方もいらっしゃるかもしれませんね。

こういった花粉症やその他のアレルギーはとっても大変ですが、なんとイヌも同じように苦しんでいる場合があることをご存じでしたか?
そこで今回は、英語圏の情報サイト『Web MD』『HUFFPOST』を参考にして、イヌのアレルギーとその対策についてご紹介しますね。

■イヌのアレルギーサインはココにでる
アレルギーの主な症状といえば、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、涙目、目のかゆみ、皮膚のかゆみ、などがあげられますよね。イヌの場合にも、私たちと同じ症状がでるといいます。
ただ、私たちのように言葉で表現できないので、かゆい場所をなめる、引っ掻く、かむ、などということになってしまいます。
毎年アレルギーのシーズンになると、やたらとかゆがる、炎症用の薬を付けても治らない、特定のアレルゲンの近くへ行くと症状がでる、といった場合にはアレルギーの疑いがあります。

■イヌの主なアレルゲンには何がある?
イヌのアレルゲンは、人間と同じです。花粉、カビ、ホコリ、ダニ、そしてイヌによってはなんと、ネコのアレルギーがある場合もあるそうですよ!

■どんな対策をすればいいの?
イチバンの対策は、人間と同じようにできるだけアレルゲンから遠ざかること。ですが、イヌの場合にはお散歩など、そうもいかない場合があります。まさか、イヌにマスクをさせるわけにはいきませんからね。
花粉の多いところへ行った時には、家に帰ってから薬用シャンプーでこまめに洗ってあげてくださいね。特に、花粉のシーズンは週に1度は洗ってあげてください。また、普段のお散歩のあとでも、ぬれタオルで体をよく拭いてあげてくださいね。

また、あまりにひどい場合には、普通の獣医さんよりも、動物の皮膚科専門医師にご相談ください。血液検査や皮膚の検査で、あなたのイヌは一体何にアレルギー反応を起こしているのかを調べてもらえますし、個体にあわせた薬を調合してもらうことも可能ですよ。ただし、勝手に人間の薬を与えることは、命に関わりますので絶対にしないでくださいね!

以上、イヌのアレルギーについてご紹介しましたが、いかがでしたか?
  アレルギーに苦しんでいるのは、人間だけではなかったんですね。しかも、言葉がしゃべれないので、私たちが日頃から変化に気をつける必要があるわけです。おかしいな、と思ったら、まずはお医者様に相談して、対策をご相談くださいね。

http://www.aikenonline.jp/news/?p=64913&f=1
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/586-db8a0683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)