シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

バレンタイン
今日はバレンタインですね
皆さんはチョコレートをプレゼントしましたか?
されましたか?
今は 好きな人への告白だけではなく 友チョコが流行りだそうです
私は甘いチョコより ビターが好き
カカオ72%のチョコレートを良く買います


さて 今日の記事はバレンタインでチョコレートに関するものです
皆さんご存知だと思いますが 犬にチョコレートは禁忌
中毒には十分ご注意ください


◆アニコム損保、ペットのチョコレート中毒に注意喚起 2月は増加傾向 [2013.2.14]
-----------------------------------------------

 バレンタインデーは人にとっては甘い1日だが、チョコレートを食べると中毒症状を起こす犬や猫にとっては、危険な日になりかねない。アニコム損害保険株式会社が過去に実施した調査の結果が、そのことを示している。

 同社がペットオーナーへの注意喚起として、公式サイトに掲載した13日付の記事によると、同社のペット保険「どうぶつ健保」の保険金請求データをもとに昨年2月に実施した「犬のチョコレート中毒」に関する調査では、チョコレート中毒での保険金請求件数を月別に見た場合、やはり2月の件数がもっとも多かった。また、獣医師172名のうち、8割にあたる141名がチョコレート中毒を診療した経験があり、さらにうち9件は死亡に至ったという。

 どの程度チョコレートを摂取すると危険なのかは、チョコレートに含まれる「テオブロミン」(※)の量や、犬の体の大きさによって違うため一概に言えないが、同社の資料によれば、体重10kgの犬が100g程度のチョコレートを摂取した場合でも症状があらわれる可能性が高いそうだから、さらに体重の軽い超小型・小型犬の場合は少量でも危険だと言えそうだ(ちなみに、市販されている一般的な板チョコを調べたら、1枚55g程度だった)。

 同社は、犬の届かない場所にチョコレートを置くなどして事故を予防するとともに、万が一事故が起きた際、すぐに診察してもらえる動物病院を調べておくなどの備えが大切だと注意を促している。

 中毒の応急処置は、誤飲したものによって吐かせたほうがいい場合と吐かせないほうがいい場合に分かれると聞く。愛犬・愛猫がチョコレートを食べてしまったと思しき場合は、自分で何とかしようとせず、とにかくすぐに動物病院で診てもらうことをおすすめしたい。

※「テオブロミン」
カカオに含まれる成分で、心臓や中枢神経などに作用する。犬や猫にはテオブロミンを代謝させる酵素が不足しているため中毒を引き起こすとされ、主な症状は嘔吐や下痢、神経過敏、ふるえ、痙攣、興奮など。

http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=hontenno&no=n2013021401


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/60-da0deec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)