シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

バリカンはだめです
今日は1日雨
気温も低く長袖を2枚重ね着しました
5月は暑くて30度を超えた日もあったのに7月に長袖を重ね着ってどうなってるの?

犬は人間に比べて汗腺が少ないので暑さに弱い動物です
このことは皆さん割とよくご存じで 暑そうだからという理由でライオンカットなどと称し全身にバリカンをかけてしまわれる方がいらっしゃいます
犬の皮膚は人間の皮膚の半分くらいの厚さしかないので 毛が無くなってしまうと紫外線などの刺激を直接浴びることになります
犬の毛は私たちの帽子や日傘の役割をしているため むやみにバリカンで刈ってしまうと涼しそうに感じるのは飼い主だけで 犬は皮膚病などの危険にさらされることになるのです
シェルティの毛はオーバーコートとアンダーコートの2重被毛ですから オーバーコートは切らずにアンダーコートをしっかり抜いてあげると犬も涼しく過ごせます

20150706.jpg




さて 今日の記事は犬の習性についてです
上の写真はこの記事の中に掲載されていたものです


犬は飼い主だけでなく、悲しんでいる人全てを慰めようとする習性を持っている(英研究)

犬を飼っている人なら、自分が落ち込んだ時、悲しい気分の時、犬がそれを悟り、そばに寄り添い、慰めてくれることを知っている。最新の研究によると、犬は自分の飼い主だけでなく、悲しんでいる人なら誰に対しても慰めようとする習性を持っているという。犬は本能的に人間の痛みをやわらげようと考えているようだ。

 ロンドン大学ゴールドスミス校の研究者らは、様々な犬種18匹を、飼い主のいる部屋と、まったく知らない人がいる部屋に招き入れ、部屋にいる人々に、突然悲しみながら泣いたり叫んだりするよう指示した。その結果3匹の犬を除いた15匹の犬は、自分が夢中になってやっていることをやめてでも、人間に寄り添い、彼らに触れるという行動をとったという。それは飼い主に対しても知らない人に対しても同様の態度で行われた。比率にすると84%と、10匹に8匹以上の割合で、犬は人を慰めるという行為をするのだ。

実験を率いたジェニファー・メイヤー氏は、「これらの犬の行動は 誰かをなぐさめるために抱きしめたりおもちゃを与えたりする人間の幼児(3-4歳)と同等の対応である。1.2歳の小さな子どもは、誰かが泣いていれば一緒に泣き出すが、なぐさめようとはしない。故に犬の行動は人間が成長するにしたがって得る、社会的な精神の成熟の現れである。」と述べた。

今回の実験において、もっとも若かった生後8カ月の黄色のラブラドールは、知らない誰かが泣くふりをするまでは自分のしっぽを追いかけるのに夢中だったが、その人が泣き出すとすぐに反応し、その肩にやさしく前足をかけたという

 飼い主だろうが他人だろうが、誰かが泣くと ほとんどの犬が静かに近づいて、従順に癒しを与えるような行動を示した。犬は飼い主の要求に応えるのではなく、飼い主を含んだ人間の感情に深く同調し、悲しみを共有しようとしているのだ

 犬が人間の感情に敏感なことは、昔から知られていたことだが、それを証明する為の科学的な研究はこれまでに行われていなかった。「犬は人間の理解できる言葉を持たない為、彼らが何故人間の悲しみを理解できるのか、癒して欲しいときにそばに来てくれるのかはわかっていない。それを解明することが今後の研究課題である」と、ジェニファー・メイヤー氏は、「journal Animal Cognition」誌に書き記した

http://karapaia.livedoor.biz/archives/52089803.html
スポンサーサイト

コメント

シルクさんこんにちは。お世話になってます。真夏になるとライオンカットしてるわんこちゃんみかけますね。なんかいたいたしいです。今日ホームセンターにて4か月のホワイトタンのシェルテイが13万でいました。なんと2キロてす。まるでチワワの様に細い。ビックリです。先日街で盲導犬がユーザーさんと歩道を歩いていました。盲導犬は抜け毛を一杯つけて10歳以上かな・ユーザーさんも高齢です。ふらふらです。早く引退してゆっくりのんびり過ごさせてあげたいと思いました。ポプラは食欲もあり走り回るってます・
[2015/07/07 13:50] URL | ポプラママ #- [ 編集 ]


ポプラママさん ようこそ♪
ホワイトタン? ん?どんな毛色かわからない。。。。
スタンダードを理解せずに繁殖された犬たちは可愛そうです
純血種の繁殖はスタンダードに基づいて行われるべきだと思います
ポプラちゃん元気で嬉しいです 太らせないように注意してくださいね(笑)
[2015/07/07 22:00] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/613-0af22dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)