シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大暑
昨日は大暑でした
1年で一番暑い時期ですが 暑すぎ 35度は当たり前
もうエアコンがフル稼働で電気代が怖いです。。。。。
猫のミヤに噛みつかれた右手は昨日パンパンに腫れまして 親指を曲げられないくらいになりました
ズキズキいたくて 普段は意識してないけど親指ってすごく使ってるんですね
痛くて力を入れられないので何をするにも困りました
今日はお陰様で腫れもだいぶ引いてきましたし 痛みはほどんどなくなりました
明日には完治かな?
そして今日は土用の丑の日ですね
皆様ウナギは召し上がりましたか?

ミヤめ
miya2a.jpg



さて 今日の記事は飼い主の体型と愛犬の体型についてです


「オーナーがぽっちゃりだと愛犬もぽっちゃり」は本当か?

愛犬におねだりされると、ついフードやおやつを与えてしまうオーナーも多いのではないだろうか。しかし、太りすぎは足腰への負担が大きくなることや、様々な病気の原因になりかねない。T&D保険グループのペット&ファミリー少額短期保険株式会社は、犬を飼っている20歳以上の男女1,000人を対象に『愛犬のダイエット意識調査』(インターネット調査)を実施した。調査の結果、約半数のオーナーが愛犬の体型は「標準」だと感じていることがわかった。しかし「太っている」8.1%、「どちらかと言えば太っている」25.0%と、合計33.1%のオーナーが愛犬を「太っている」と感じていることが判明した。

 また、オーナー自身の体型と愛犬の体型には関わりがあることが判明。愛犬が「太っている」と回答した人はオーナー自身も「太っている」53.2%と、他項目より多い傾向が見られた。オーナーが「痩せている」と回答したオーナーは愛犬も「痩せている」と回答した人が多く、愛犬とオーナーの体型は似ていることがわかった。

 愛犬のダイエット経験は、過去・現在含め34.5%となった。愛犬が「太っている」と回答した人は、57.4%が過去・現在含め、ダイエット経験が有ることが判明。「愛犬におねだりされるとあげてしまう」という人や、「ドッグフードが常に置いてある」というオーナーも多いのか、肥満の原因は「多すぎる食事」と思っているオーナーが多く61.4%。ダイエットを行った期間は「1ヶ月~3ヶ月未満」が最多となっている。

 また、愛犬のダイエットの効果について聞くと「とても効果があった」が31.1%、「やや効果があった」が54.1%と、合計85.2%が愛犬のダイエットに効果を感じたと回答した。

【調査概要】
●調査対象 :全国の20歳以上の男女(犬を飼っている人)
●有効回答数:1,000サンプル(男性・533サンプル、女性・467サンプル)
●調査方法 :インターネットリサーチ
●調査期間 :2015年5月1日~2015年5月7日

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150719-00010004-dime-sci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/622-700a218e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)