シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

飼い主さん募集中です♪
2015年7月26日生まれ セーブル男の子の飼い主さんを募集中です
家族の一員として生涯お部屋の中で大切にしていただけるご家族を希望します

犬は一度飼うと約15年をともに過ごす生活のパートナーです。
途中で飼育をやめたり 他の犬に取り替えたりすることは出来ません。
事前にご家族の皆様と十分ご検討ください。

たいへん恐縮ですが以下に当てはまる方はご遠慮いただいております。
•ペット飼育不可の住宅にお住まいの方
•外飼い希望の方
•繁殖目的の方
•一人暮らしの方
•同棲中の方

詳しくはご住所、お名前を明記のうえ メールにてお問い合わせください

bd150726ms1-18a.jpg




さて 今日の記事は犬の死亡原因についてです


【衝撃】犬の死亡原因ランキングトップ10発表 / 悲しい現実が判明

犬は人間の生活に欠かせないパートナーです。犬を飼っている家庭にとって、人間と同じ家族の一員と言っても過言ではないでしょう。そんな犬との別れは、私たち人間よりも遥かに早くやってきます。

・長生きしてもらう工夫
大切な犬の命、できるだけ長生きしてもらう工夫をしたいですよね。では、犬の死亡原因はどのようなケースが多いのでしょうか? 日本アニマル倶楽部が統計した、犬の死亡原因ランキングトップ10は以下のとおりです。

・犬の死亡原因ランキングトップ10
1位 ガン 54%
2位 心臓病 17%
3位 腎不全 7%
4位 てんかん発作 5%
5位 肝臓疾患 5%
6位 胃拡張・胃捻転 4%
7位 糖尿病 3%
8位 アジソン病 2%
9位 クッシング病 2%
10位 突然死 1%
※日本アニマル倶楽部 犬・猫 死亡原因病気TOP10より

・かかりつけの動物病院に相談
驚くことに、犬の死亡原因の1位はガンでした。人間もガンで亡くなる方が多くいますが、犬も同様にガンにかかりやすいのですね。食生活や運動により、ガンの発病をある程度は防ぐことができるとも言われています。実際にガンで犬を亡くした女性に話を聞きました。

・犬をガンで亡くした飼い主
「皮膚が腫れておかしいな? と思っていたのですが、病院で診察してもらったらガンでした。もう治せないレベルといわれましたが、切除できる部分は切除して、延命していましたが、そのあと天国に逝ってしまいました。もっと早く皮膚の異変に気がつけばよかったと後悔しています」

・犬の健康をチェックする習慣
犬のガンは見つけにくいとのことなので、定期的に診察して、早期発見の確率を高めるのが重要かもしれません。かかりつけの動物病院に相談して、犬の健康をチェックする習慣を心がけたいですね。

http://buzz-plus.com/article/2015/08/20/inu-dog/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/640-d30e07a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)