シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

台風
うちのあたりでは午前中はバケツをひっくり返したような激しい雨でしたが 午後からは雨も上がり日が差しました
ニュースをみると浸水したお宅もかなりあるようで大変ですね
被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます
7月に交配をして赤ちゃんが生まれるのを楽しみにしていましたが どうやら不妊みたい
お待ちくださった方もいらっしゃるのに申し訳ありません
夏場の交配は受胎しにくく難しいです
残念

明るい性格です
bd150726ms1-55a.jpg




さて 今日の記事はズーノーシス(人畜共通感染症)についてです



ペット愛好家に「胃がん」リスク 危険な“愛で方”を医師指摘

「ペットを飼うと胃がんになる」――こんな衝撃的な事実が明らかになった。日本ヘリコバクター学会で発表された、北里大学薬学部の中村正彦准教授らのグループの研究がもとになっている。きょう(7日)発売の「週刊現代」も報じている。

 問題になっているのは、ピロリ菌の亜種とされる「ヘリコバクター・ハイルマニ」という細菌。胃がんの一種である「胃MALTリンパ腫」を引き起こす原因になるという。イヌやネコ、ウサギなどから感染するというから恐ろしい。

 一般的に、ピロリ菌に感染していなくても胃がんを発症するケースがあるが、そんな人はペットを経由してハイルマニに感染している可能性があるという。中村氏らが行った調査によると、全国のピロリ菌陰性患者で胃MALTリンパ腫を患う人の約6割が、ハイルマニに感染していた。

 愛好家は「家族の一員」であるペットと、どう接すればいいのか。

「普通に触ったりなでたりする分には、問題はないでしょう。しかし、粘膜と粘膜が触れ合うような濃厚な接触は控えるべきです。口の周りをペロペロとなめさせたり、キスや口移しで食事を与える行為は非常に危険。排泄物や吐しゃ物を処理する時も細心の注意が必要になります。手袋をつけることに加え、処理後はキチンと手洗いをするべきです。一緒にお風呂に入るのも、あまりオススメできません」(医学博士の米山公啓氏)

 厚労省の13年の統計によると、がんの部位別死亡数で、胃がんは男性で2位、女性が3位だった。ペットを愛するあまり、病にかかってはシャレにならない。何でもかんでもなめたり噛んだりしないようにシツケることも肝要だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00000016-nkgendai-hlth
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/646-ee351974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)