シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ミュージカル トップハット
今日は久しぶりに渋谷へミュージカルを観に行ってきました
イギリスからの来日公演「トップハット」
チケットをとったのはもう半年も前
9月末にお産予定の子がいたので 赤ちゃんの様子によっては行かれないかもしれないとあきらめていたのですが 幸か不幸か不妊だったため心置きなく楽しむことができました
ステージは超一流のダンサーによる絢爛豪華なパフォーマンス
素晴らしいとしか言えません
ミュージカルはストーリー、歌、ダンスといろいろなことを一度に楽しめる究極のエンターテイエントですが 私が好きなミュージカルはダンスを楽しめるもの
このトップハットはまさに素晴らしいダンスとため息もののタップダンス
うっとりと楽しんできました
赤ちゃんがいるとなかなか長時間留守には出来ないので久しぶりの舞台でしたが やっぱり生の舞台は最高!
気分一新 また新たな気持ちで頑張りましょう

東京での公演は12日まで その後16日からは大阪に舞台を移します
お時間のある方は是非ご覧ください

tophat.jpg
TOPHAT



さて 今日の記事はペットフードに関するアンケート調査についてです


◆犬・猫の最新の食事事情がわかる「ペットフードに関する意識調査」発表 

日本の消費財流通を情報インフラ面からサポートしている株式会社プラネットは、消費財にまつわるトピックスをお届けする「From プラネット」の第21号として、ペットフードに関する意識調査の結果を発表した。

■95%超の飼い主が、犬・猫の食事は「市販のペットフード」と回答

 同調査によると、犬または猫を飼っている人があげている食事は、犬・猫ともに「市販のペットフード」が1位。犬が95.6%、猫が97.3%で、どちらも9割以上という極めて高い数値になっている。

 市販のペットフードは、素材が吟味されていたり、年齢に応じて健康に配慮したものがあったりと、種類が豊富で栄養バランスも考えられている。手軽さだけでなく、ペットの健康を考えて、市販のペットフードが支持されているようだ。

 なお、「手作りのフード」という回答は、犬は18.4%なのに対し、猫は7.9%にとどまり、その差は2倍以上。猫より犬のほうが、食生活で厚遇されていると言えるかもしれない。

■1ヶ月にかける食費は大半が「3,000円以下」

 次に、1ヶ月にかける食費。犬では「2,001~3,000円」が23.2%でトップ、次いで「2,000円以下」が22.4%という結果になった。猫では「2,000円以下」が32.6%で最も多く、2位の「2,001~3,000円」が23.8%となっている。

 まとめて“3,000円以下”で比較すると、犬は45.6%、猫は56.4%となり、大半の飼い主が毎月3,000円以下でまかなっていることになる。高いか安いか、印象は人それぞれとして、意外に堅実な食生活ではないだろうか。

■犬のペットフードは成分や安全性、猫はタイプや味を重視

 堅実な食生活は、「ペットフードを選ぶ基準」への回答にもあらわれている。犬も猫も、最も重視しているのはやはり「価格」で、ともに5割を超えていた。

 ただし2位以下の項目からは、犬と猫の違いが見えてきました。犬の2位は「成分」49.0%、3位が「安全性」42.9%で、愛犬の健康に配慮していることがわかる。一方、猫のほうが犬よりも目立って高かったのが、「タイプ(ドライ・ウェットなど)」51.7%と「味」33.7%だ。猫が飽きてしまわないように、好みを重視して選んでいることが伝わってくる数字だ。

http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=honten&no=n2015100801
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/659-11ae814b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)