シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

可愛い盛りです
夕べはパラパラと雪が降り 今朝も少しだけ雪が残っていました
今年は寒い日が続きますね
北風が強く寒い1日でしたが 日中は暖かい日差しもありました
子犬たちが活発に遊ぶようになり 可愛い盛りです
少し前までは ご飯を食べて少し遊んではあっという間にコテンと寝ていましたが
少しずつ遊ぶ時間が長くなりました
みんな標準的な体格で健康に成長しています

bd130108fs6-23a.jpg

シェルティ子犬の飼い主さん募集中です
http://www.wweebb7.com/serene/


さて 今日の記事は福島第1原発事故の警戒区域で保護したペットについてです
未だ 里親さんが決まらない子も沢山いるようです
早くみんな幸せになって欲しい


ペット犬猫992匹保護 福島第1警戒区域・昨年末時点

河北新報 2月19日(火)6時10分配信

 福島県が福島第1原発事故の警戒区域で保護したペットの犬猫が2012年末時点で992匹に上ることが分かった。うち4割の引き取り手が見つからず、県は引き取りを呼び掛けている。
 内訳は犬が451匹、猫が541匹。11年4月~12年12月の県の実態調査や住民の一時立ち入り同行の際に保護した。これまで犬369匹、猫230匹が元の飼い主や新たな飼い主に引き取られた。
 県は飼い主不明の犬猫の写真を保護時から1カ月間、県動物救護本部のホームページで公開し、引き取りを促している。引き取り手が見つからない場合は同県三春町の救護本部三春シェルターで保護している。これまで殺処分した犬猫はいないという。
 県食品生活衛生課は「時間の経過と共に保護数は少なくなっている。避難区域再編が進み、今後は地元市町村と協議して保護活動を進めたい」と話している。シェルターでは猫砂が不足しているため、寄付を呼び掛けている。餌やりや清掃を担うボランティアも募集している。連絡先はシェルター024(983)8330。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130219-00000001-khks-l07
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/66-143ed1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)