シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

うっかり
夏の間伸び放題になっていた庭の草取りを少しずつしていますが 一向に終わりそうもありません
蔓が枝になってしまって切るのも大変
毎年同じことを繰り返しているのですが どうにかならないもんですかね。。。。

昨日は大好きなゆずの岩沢様のお誕生日だったのにうっかり忘れてしまいました(汗)
そして偶然にも岩沢様と同じ日が誕生日の夫
これもすっかり忘れ まあ 夫の方はどうでもいいんですけど
岩沢様 お誕生日おめでとうございました♪

毎晩 寝る前にベッドの中で本を読むのですが 昨日は大好きな有川浩さんの「旅猫リポート」を読んだらもう号泣してしまい寝るどころではなくなってしまいました
本を読んでこんなに泣いたのは久しぶりだけど 泣く本っていつ読めばいいのかな?
寝る前だと眠れなくなるし 昼間だと瞼が腫れてえらいことになるし
ん~。。。。 

hana-49.jpg




さて 今日の記事はペットを残して死亡してしまう場合の備えについてです


「犬や猫に財産を残したい」。そんなことできるの?


■飼い主が死んだら、愛犬はどうなる? 
 犬やネコなど、ペットを飼っているという家庭が年々増えています。
 「子はかすがい」と言いますが、子どもが独立した後、ペットがかすがいになっているという夫婦や、ペットをわが子のように可愛がっている方も少なくありません。
 そのようなペット好きの方の悩みで多いのが、「ペットより先に私が死んだら、誰がペットの世話をしてくれるの? 」というもの。
 最近は、ペットも高齢化しているということはご存知でしょうか。良質なペットフードの普及や動物医療の向上によって、犬、ネコの平均寿命も延びています。
 そうなると、飼い主である自分の方がペットよりも先に亡くなってしまうということも、ままあることなのです。
 自分が先に亡くなってしまったら、ペットを世話してくれる人がいなくなってしまうと不安に思う気持ちも分かります。
 そのような方から、私が先に死んだらペットが可哀想なので、財産はペットに残したいと相談を受けることがありますが、そのようなことはできるのでしょうか。

 まず、飼い主が死んだら、ペットはどのように扱われるのでしょうか。
 大原則としてペットは生き物ですが、法律上はただの動産として扱われます。日本においては、動物は権利の主体になれないので、飼い主の財産をペットに残すということはできません。
 その結果、法律上は、ペットも、時計や指輪などと同じように動産として相続の対象になってしまいます(※実際に遺産分割協議でペットが問題になるケースは極めて稀です)。

 ということは、亡くなった飼い主に相続人がいれば、相続人がペットの所有権を取得することになります。
 しかし、「相続人がいない」「相続人はいるけど犬は飼えない」などといった事情で、自分が死んだ後はペットの世話を誰かに依頼したいというケースもあります。
.

■安心して任せられる人や団体を探す
 愛するペットのために財産を残してあげることはできるのでしょうか。
 このような場合、まずはペットの新しい飼い主を指定しておいて、亡くなったらペットとその世話をするための財産をその人にあげるという方法が考えられます。
 これは、負担付遺贈という方法をとれば実現できます。
 具体的には、ペットの新しい飼い主になってもらいたい人に「ペットの管理をすること」を条件にして、ペットとペット用の財産を贈与するという内容の遺言を残しておくことになります。
 ただこの方法は、ペット用に残した財産と新しい飼い主の財産が混ざってしまい、本当にペットのために自分の遺産を使ってもらえるか分からないというデメリットがありました。

 そして、2007年に信託法が改正され、自分の死後にペットの世話をしてもらうことを目的として信託を設定することも可能になりました。
 信託であれば、個人の財産とペット用の財産を分けて管理する必要がありますし、善管注意義務と言って、自分の物よりも高い注意をもって管理をしてもらえることになります。
 このように信託という手法を使えば、事実上、ペットのために財産を残すことができます。ただ、残念ながら現在のところ、ペット信託そのものを謳う信託会社は余り多くはありません。

 そうすると、やはり重要なのは、自分が亡くなった後、ペットを安心して任せられる人や団体を見付けておくということです。
 最近では、死後の飼い主を探してくれる里親探しサービスなどもあります。ぜひ、積極的に情報収集をしてみてください。
 残されたペットのためにできるのは、新しい飼い主を探してあげて、財産を残すことだけではありません。
 たとえば、「ペットの名前や愛称」「どのような食べ物が好きか」「どのような遊びが好きか」など、ペットの好きなものなどについても、分かるようにしておくと、次の飼い主の元での生活がスムーズになると思います。

 ペットだって、飼い主がいなくなったらショックでしょうから、好きなものなどは次の飼い主に伝わるようにしておいて、少しでも早くペットの悲しみが癒やされるようにしてあげられるといいですね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150921-00016118-president-bus_all


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/662-ad2fa563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)