シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

暖冬
この冬はエルニーニョ現象で暖冬なのだそうですが 暖かい日が続いています
夕刊には雪が殆ど無い富士山の写真が掲載されていました
わが家でも例年なら外のバケツの水が凍ってしまうのですが 今年はまだ一度も凍っていませんし
外の水道の水が出ない ということもありません
地球環境の事を考えると暖冬なのも喜んでばかりはいられないのでしょうが とても過ごしやすく有難いような気持ちです
例年はガスストーブをガンガンたくのでガス代が凄いことになるのですが 今年は朝の寒い時間に付けるくらいで助かっています
2月もこのまま暖かいと楽だけど どうなるのかな?
ドカ雪だけは勘弁してほしい

bd160105ms1-3a.jpg




さて 今日の記事は 今日1月14日は何の日?


今日は何の日 1月14日は「愛と希望と勇気の日」

今日、1月14日は「愛と希望と勇気の日」です。誰がこの名称にしたのか不明なのですが、「1959年(昭和34年)の今日、南極観測船「宗谷」の一行が昭和基地に着いたとき、その前年、心ならずも置き去りにしたカラフト犬タロとジロが生きているのを発見した。この2頭の犬の勇気をたたえ、生きることへの希望と愛することの大切さを忘れないために制定された。」(日本記念日協会)ということです。

このタロとジロの話は誰もがなんとなく知っているけれど、本当のところはよく知らない話の典型ではないでしょうか。

物語の舞台となる南極第一次越冬隊が昭和基地を建設し、初の越冬に挑んだのは1957年(昭和32年)2月のことでした。そして、翌年、交代で昭和基地に来るはずであった第二次越冬隊が悪天候にはばまれ越冬を断念したことにより、15頭のカラフト犬が南極に取り残されることとなってしまいました。そしてさらにその翌年1959年、南極に渡った第三次越冬隊が生き残った2頭のカラフト犬タロとジロを発見するのです。

すぐに来るはずの第二次越冬隊での使役のため首輪でワイヤーロープにつながれたまま置いていかれた犬たち。15頭のうち7頭はつながれたまま餓死し、雪と氷に埋もれた遺体となって発見されました。首輪から抜けた8頭のうち6頭は行方不明、昭和基地にいつづけた2頭がタロとジロの兄弟でした。

まったく言うことも聞かず、闇雲に走りまわった『暴れん坊でケンカ好きの犬たち』を訓練し、日々の世話をし、共に南極大陸の探検をした犬係北村泰一氏は、その著書の中で置いていかざるを得なくなった時の胸中をこう語っています。『犬たちをクサリにつないだまま、という事態には、どうにもガマンがならなかった。』『これは“気持”である、理屈ではない』

第三次越冬隊に発見されたとき『まるまると太り、まるで小熊のようだった』2頭の黒い大型犬は、警戒していて『恐ろしくて誰も近づけない』状態でした。恨まれているかもと恐る恐る近づいた北村氏が名を呼ぶとようやく思い出し、右前足を上げたり、尻尾をふったりしたそうです。彼らは基地周辺にあった食料や仲間の遺体には手を付けておらず、ペンギンやアザラシのフンを食べていたのだろうと北村氏は推測しています。愛や希望や勇気というよりは、ただただカラフト犬のたくましさを思い知らされます。

第一次越冬隊が犬を置いて帰国したとき、当事者である隊員たちの行き場のない悔しさも知らず「世論」は批判を浴びせかけました。隊員たちの家には『深夜のいやがらせがあったり、脅迫電話があったりした。』そうです。一番つらいはずの当事者を無関係の第三者が糾弾するというこの構図は、何か事があると今もよく見かけますが、まったく何をかいわんやです。愛と希望と勇気の日は、隊員の皆様の苦労がしのばれる日でもありました。

※北村泰一著「南極第一次越冬隊とカラフト犬」教育社刊を参照。『 』内は同著からの引用です。
http://www.insightnow.jp/article/8970
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/695-b57978a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)