シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

暖かな日
今日は昨日までの寒空とは打って変わって 最高気温が14度
春のようなぽかぽかな1日となりました
普通 こんな日はお布団を干すのでしょうが 我が家では犬洗いです
残念ながら風がなかったので ドライヤーで仕上げないと乾きませんでしたが
それでも3匹洗いました
ドライヤーをしなくても大丈夫なら もっと洗えたんだけどなぁ~
冬の間はついついシャンプーの間隔が長くなってしまいます
これから暖かい日も増えていくでしょうから どんどんシャンプーしなくちゃ

bd130108fs2-37a.jpg

シェルティ子犬の飼い主さん募集中です♪
http://www.wweebb7.com/serene/


さて 今日の記事は心が温かくなる記事のご紹介です
愛犬との10年ぶりの再会
犬の寿命は短いですから 10年ぶりに再会できたのはまさに奇跡ですね


10年前に別れた犬と偶然再会、保護団体サイトの情報と記憶が一致。

昨年愛犬を失った米国のある男性は、今年になって新たなパートナーを迎えようと、引き取り手を待つ犬が紹介されているサイトを見ていた。するとその中に、妙に心当たりのある特徴が書かれた犬を見つけ、気になった男性が会いに行ったところ、それは二度と会えないと思っていた“元愛犬”と分かり、大変驚いたそうだ。



米紙ナシュア・テレグラフや米放送局ABC系列WMUR-TVなどによると、元愛犬を見つけた男性は、ニューハンプシャー州ナシュアに住むジェイミ・カーペンターさん。愛犬がいなくなった悲しみを乗り越え、再び犬と過ごす喜びを求めた彼は、今年1月に地元動物保護団体のサイトを開いてチェックしていたところ、13歳でメスのバセットハウンド犬を見つけた。写真は掲載されていなかったものの、犬種と「ジンジャー」という名前から、彼の頭には昔飼っていた1頭の存在が蘇ったという。

カーペンターさんは10年前に離婚を経験し、当時飼っていたジンジャーという犬を元妻が引き取った。「もう二度と会えないだろう」と諦め、妻とともに別れたはずのジンジャー。しかし、サイトに書かれた紹介文を読んでいるうちに、まさかと怪しみつつも、まず保護団体に犬の写真を送ってもらえないか相談し、彼もかつて撮ったジンジャーの写真を保護団体へ送った。すると、どちらの写真にも、体に同じ「3つの特徴」(米放送局ABCより)が確認でき、保護団体の職員たちも色めき立った。

昨年10月まで、年老いた夫婦の下で幸せに暮らしていたジンジャー。実は、カーペンターさんと離婚した直後に元妻がジンジャーを保護施設へと引き渡した後、この夫婦が引き取って飼育していたという。ところが、最近充分な世話ができなくなったと感じた夫婦は、ジンジャーを再び保護施設へ預け、優しい性格の彼女に早く次の家が見つかって欲しいと、職員たちは飼い主探しに尽力していた。それでも13歳になった彼女の引き取り手はなかなか見つからず、これまで3組の希望者と顔合わせを行ったが、いずれも最終的には断られ、保護施設での生活が続いていたそうだ。

そしてようやく訪れたジンジャーの引き取り希望者に、保護団体でも期待する気持ちが高まった。1月21日、カーペンターさんが施設へ足を運んで、ジンジャーとの対面が実現。シーツの上で眠っていたジンジャーを、彼が声を掛けながら顔を近付けていくと、彼女は彼の顔をなめ始めたという。その瞬間「私たちには決して“キス”をしなかった」という職員らは、カーペンターさんが「昔の飼い主だった」と確信。彼もまた、近寄ってきてくれた彼女が「私が誰か覚えていてくれた」と確信したそうだ。

こうして10年ぶりの再会を果たした“元飼い主と元愛犬”は、晴れて再び一緒の生活を開始。最高の引き取り手を見つけられた保護団体の職員たちも「彼らはとても幸せ」と話し、喜んで見送ったという。

http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=84&id=2339847&from=home&position=6
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/71-fe5dd828
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)