シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

お産がありました
まだ梅雨明けしていませんが 真夏のような暑さです
雨もあまり降らずダムの水が無くて取水制限されている地域もあるようです
これからが暑さ本番なのにどうなっちゃうんでしょう

6月末にお産がありました
お産は数え切れないほど経験しているけど 毎回緊張と不安でいっぱいです
今回は夜7時頃からお産が始まり2頭はすんなり生まれたのですが その後陣痛がこなくなってしまい
お母ちゃんはずっとお休みモード
いきんでも出てこなくて苦しがっている訳ではないから大丈夫だろうと思い そのまま様子を見守りました
明け方5時頃から再び陣痛がきましたが 今度はいきんでもいきんでもなかなか生まれません
朝6時~9時は夜間診療の獣医さんが終わり 獣医さんの診療が始まるまでの空白の魔の3時間
膣の中に指を入れながら無理矢理引きずり出したのですが 2頭がからまりあって同時に生まれました
こんなこと初めてでどうしてこんなことになってしまったのかわかりません
残念ながら2頭とも息を吹き返すことは出来ませんでした
その後すぐにもう1頭生まれたのですが この子も残念ながらだめでした
もっと早く獣医さんで帝王切開していただけば助かっただろうと思うと残念でなりません
でも お母ちゃんは苦しがっていた訳ではなくスヤスヤ寝ていたから見守っても大丈夫だろうと判断してしまいました
いつどこで帝王切開の決断をしたらいいのか判断が難しい
その上今回は魔の3時間とお産が重なってしまいタイミングも悪かったのが残念でした
日中のお産だったら助かっていたかもしれません
頑張って産んでくれたお母ちゃんには申し訳ない気持ちでいっぱいです
ごめんね

元気に育つんだよ
bd160625fs1-1a.jpg




さて 今日の記事は犬の記憶についてです


犬も過去の出来事を、意識的に思い出せるか

偶然記憶していた出来事を、犬も意図的に思い出すことができる、ということが立証された。犬も思い出に浸っている?

私たちには、いろいろな思い出がある。あの店のスープはおいしかったなとか、あの丘から見た夕日はきれいだったな、とか。そういう日々の何気ない出来事を思い出として脳にストックし、引っ張り出して浸ることができる。美しい過去に没入することができるのは、とても幸せなことだと思う。

 犬も偶然覚えた思い出を意識的に引っ張り出すことができることを示す実験が藤田和生教授(京都大)によって行われた。

 大きさも色も形も異なった4つの不透明のふたのない容器にオヤツを入れて床に並べる。飼い主にリードを持ってもらい犬を歩かせ、4つの容器の中を見せる。そのうちの2つを犬に食べさせてあげる。その後、15分ほど散歩に出かけてもらう。その間に、においを手掛かりにできないようにするため、同じ形をした新しい容器にオヤツを入れず同じように並べる。

 そして、戻ってきた犬をまた自由にする。もし先ほどの経験を記憶していて、思い出すことができるのならば、「さっきオヤツを食べたほうじゃない容器に、まだオヤツが残っている」と判断し、そちらに向かうはずだ。

 結果は、ほとんどの犬が、オヤツが残っているはずの容器にむかった。

 これは、偶然経験した記憶を意図的に引き出して思い出しながら行動したということだ。今までわかっていなかったことを解明した、画期的な実験結果となった。もしかしたら、時々過去を思い出して、それに浸っているのかもしれない。

(辰巳出版「Shi-Ba」から)
. sippo(朝日新聞社)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00010000-sippo-life
スポンサーサイト

コメント
元気に育って‼︎
お産大変でしたね…。そして最初に生まれた2頭が女の子だったのですね。
兄弟たちの分も元気に育って欲しいです!
[2016/07/12 12:35] URL | まちだっこ #eTzbFGxk [ 編集 ]


まちだっこさん ようこそ♪
ブログをご覧いただきありがとうございます
生まれてきた子全員に元気で育ってほしいけどうまくいかないときもあります
毎回勉強です
[2016/07/12 22:33] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/719-c8c1ce92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)