シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

おめでとう~♪
今日の東京地方は強い南風が吹き春一番になりました
洗濯物を干そうとしたら 強い風にあおられて飛んでいきそうだったので
やめました

昨日 とっても嬉しいことがありました
お友達のお嬢様がバレエ団の入団試験に合格しました!!!
幼稚園の頃 バレエを始めてから人生のほとんどをバレエのためだけに
費やしてきました
このバレエ団に入団するのが夢で3度目の正直でやっと夢がかないました
本当におめでとう~♪
まだ スタートラインに立ったばかりだけど これからの活躍を楽しみにしています
頑張ってね!


bd130108fs4-3a.jpg

シェルティ子犬 飼い主さん募集中です♪
http://www.wweebb7.com/serene/


さて 今日の記事は ちょっと重たいです
人間が捨てたゴミは多くの命を奪っています
こうした事実から目を背けず 忘れずにいたいと思います

人間が捨てたゴミはこんなにも多くの命を奪っています

みなさんに、ぜひとも見てもらいたい映像がここにある。

写真家でもありアーティストでもあるChris Jordanさんが「Midway」というプロジェクトのなかで制作したその動画には、北太平洋に浮かぶ “ミッドウェー島” の実態が映し出されている。

一番近い大陸とでも3200キロメートル以上も離れているという孤島・ミッドウェー島は、コアホウドリという鳥が多数生息する美しい島である。しかしあるものによって、その美しさが年々破壊されていっている。

ミッドウェー島を汚すそのあるものとは、人間が捨てたゴミである。ミッドウェー島は、実は人間が捨てたゴミが流れ着く島としても有名であり、浜辺には無数のゴミが転がっている。

そしてさらに悲しいことに、我々人間が出したゴミによって、たくさんのコアホウドリたちの命が奪われているのである。そう、プラスチックのゴミなどをエサと勘違いし飲み込んだ多くのコアホウドリが死んでいっているのだ。その残酷な現実をChrisさんは映像として鮮明に収めており、世界中の人に大きな衝撃を与えている。

確かにそこには、目を背けたくなるような悲惨な光景が映っている。しかしこのむごい現実を作り出したのは、我々人間である。その責任を考えるためにも、ぜひ目を背けず、最後までしっかりとミッドウェー島の現実を見ていただきたい。

http://rocketnews24.com/2013/03/01/299076/
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/72-5a99f29c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)