シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

1月18日生まれ 男の子
セーブルの元気な男の子 飼い主さんを募集中です
カラーは左半カラーです
お父さん アメリカチャンピオン息子
お母さん アメリカチャンピオン娘
生涯 お部屋の中で家族の一員として大切にしていただけるご家族を
募集中です
見学大歓迎
詳しくはHPをご覧の上 メールにてお問い合わせください

bd130118ms1-37a.jpg

http://www.wweebb7.com/serene/


さて 今日の記事は保護犬のプードルが聴導犬になったお話しです

捨て犬プードル、聴導犬で再出発 育成者が才能発掘


【岡田慶子】横浜市の動物愛護センター(神奈川区)に保護されていたメスのトイプードル「文(あや)」(推定2歳)が今月、聴導犬として再出発を果たした。センターの犬が聴導犬になるのは初めて。聴導犬を育成している日本補助犬協会(横浜市旭区)の代表理事、朴善子さんに才能を見いだされた。


文は2011年12月に保護された。汚れた毛が伸び放題で全身毛玉だらけ。捨て犬と見られ、「あすの聴導犬」を探しに来た朴さんが翌1月、初めて見た時も「普通の幸せを経験しないで育った犬だと感じた」。

 しかし、「人に敵意を持っていなかった」。人に呼ばれても逃げない。ノックやテレビの音を怖がらない――。センターが開所した11年4月から200匹以上の犬を見てきた朴さんが初めて合格点をつけ、協会の訓練所に引き取った。
.
朝日新聞社
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130227-00000027-asahi-soci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/74-0549eda5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)