シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

決まりました
良いお天気ですが寒い日が続いています

先日 飼い主さんを募集していた男の子2匹 無事良いご縁に恵まれました
どうもありがとうございました
毎回 一生懸命育てた子が新しいご縁を繫いでくれることに感謝の気持ちでいっぱいです
いっぱい可愛がってもらって笑顔あふれる楽しい生活を送って欲しいと思います
元気で長生きするんだよ
今後約15年という長い間お世話になりますがよろしくお願いします

レイちゃん 11歳になりました まだまだ元気です
rei.jpg




さて 今日の記事は先日の続き 犬が飼い主さんを無視することについてです


楽しいことに没頭している時はスルー 柴犬流 シカトの極意②

無視もコミュニケーションのうち!? 気づかないフリの真意に迫る
犬が飼い主を無視するような態度をとることって結構ある。何故そうなってしまうのだろうか?改善方法なども含め、紹介しよう!
監修:西川文二先生

少々の無視は大目に見る 心の広い中本家の面々
 楽しいことに没頭している時に注意されても聞こえないフリをするのは、人間でもよくあること。ひなも、その傾向が見られるそう。
 特に散歩中には、誰にも邪魔されたくないほど楽しいことがたくさん。

 まず走っている時。外に行くと必ず一心不乱に走る。「走らないで!」とお願いをしても、シカトすることも。また、草むらや道端のにおいを嗅ぐのも大好きなので、よく立ち止まる。「早く行こう」と言っても、聞こえないフリなのか、聞こえていないのか、動こうとしない。

「私が散歩に連れて行ってもらっているみたい」と苦笑する母の直美さん。家の中でもいろいろな遊びに興じるひな。特にスリッパを噛むのが大好き。

「一度噛みだすと、声をかけても、やめなさい! と注意しても無視。引っ張っても、放そうとしません」といいながらも、そんな楽しそうなひなの姿を見るのが好きなので、少々の無視は大目に見ている中本家なのであった。

楽しいことに没頭 楽しくないことは全部スルーだ!

どうせ相手にしてくれないでしょ?
 朝、ご主人の修一さんが仕事に行くような服装をしている時は、話しかけられても無視をする。「出かけてほしくないの」とちょっとすねているのだろうか。準備で忙しいので、あまり相手にしてもらえないのを知っているのか。

楽しすぎて耳に入ってきまへん
 散歩中に声をかけても、シカトすることがよくある。しかも、ひなは気の向くままに歩くから、振り回される家族は大変。良い運動にはなりそうだけどね。

あたし、わがままなんです
 フードをボウルに入れてあげても無視。なのでトッピングをしてあげると、大喜びでトッピングだけ食す。主食のフードは、直美さんが手に乗せてあげると、やっと食べてくれる。

だって、ここにいたいんだもん!
 散歩から帰ってきたら、まず向かうのは車の下。そこに入ってしまうと、呼びかけても出てこないのだとか。みんなで、車を揺らすと、驚いて出てくる。シュールな光景

http://sippolife.jp/issue/2016120100007.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/742-22083dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)