シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

眼鏡
あちこちの庭で梅の花が満開です
いい香り

中学生のころからずっと眼鏡をかけているのですが 最近近くが見えにくくなり眼鏡をはずした方がよく見えるようになってしまいました
そろそろ遠近両用レンズにした方がいいのだろうとは思っていたのですが 遠近両用は馴れない人もいるときいてためらっていました
でも眼鏡をかけたり外したりがわずらわしく 使ってみてやっぱりだめだったら1ヶ月以内ならレンズの交換ができると聞いて思い切って遠近両用レンズにしてみました
どうかなぁ?と思っていたのですが1日目から全く違和感なくしようしています
なんだ それならもっと早く変えればよかった


コリークラブの事務所が築地にお引越しをして中央区観光協会特派員ブログで紹介されました
コリーファンシャーグッズも何点か紹介されています
グッズはコリークラブの会員以外の方でも購入できますので 興味のある方はお問い合わせください
中央区観光協会ブログ

北海道のさくらちゃん
sakura5.jpg




さて 今日の記事は動物カフェについてです
猫カフェに続いてふくろうカフェなども出来ているようですが問題も多そうです


水分を与えられず死んだフクロウも 悪質な「動物カフェ」対策に、さらなる法整備を

ニュースサイト「ハフィントンポスト」が紹介した、“犬を無理やり水に入れる“動画“が波紋を呼んでいる。

 この動画はハリウッド映画の製作現場で撮影されたもので、濁流で溺れている人を犬が助けるというシーンのために、犬を強制的に濁流に流す様子が収められており、突き落とされた犬が最後は溺れて水の中に沈んでいく様子が見て取れる。犬と人間との絆を描いた人気映画の舞台裏のショッキングな実態に、抗議活動が展開される事態になっているという。

 人間のために働く動物たちは、私たちの身近な所にも増えてきている。動物と触れ合えることがコンセプトの飲食店の中にも、悪質なものが現れるようになった。

 「狭い場所で長時間足に紐をつけたまま飼育をし、糞尿を増やさないために水分も与えず、ストレスのために体調を崩したフクロウを死ぬ直前まで病院に連れていくこともなかった。しかも、死んだフクロウは裏の空き地に埋められていたそうだ」。

 これはある“フクロウカフェ“のスタッフによる内部告発だ。

 動物の権利を守る活動をしている保護団体「アニマルライツセンター」はウェブサイトにこの告発内容を記載、所轄の保健所に指導を依頼するとともに、全国の猛禽類の展示業者などにフクロウカフェの撤廃を要請した。

 「アニマルライツセンター」からの抗議に、あるフクロウカフェの店長は「野生のフクロウと、卵から人間が返したフクロウとは全く性質が異なるということも分からないまま、フクロウカフェが悪だという認識を植えつけられてしまっている」と、複雑な心境を明かす。

 動物研究家のパンク町田氏は「フクロウカフェにいるようなフクロウは、ヒナの頃から人間が身近な存在だと教え込まれているので、皆さんが想像するほどストレスのかかるものではない。野生動物でも人間と触れ合うことを求めている場合もある」としながらも、「飼育下に生まれたフクロウであっても家畜ではない。普通、動物同士が触れ合うのは、生殖のため、獲物を捕らえる時、自分が獲物として襲われる時など、限られた場合のみだ。長時間人間に触れられることは、ある程度ストレスにはなっているだろう。触りすぎは良くない」とも話す。

 日本では去年、動物愛護管理法が改正され、下記のように、犬・猫カフェに関する規制緩和や基準づくりも実施されている。

 ・犬と1歳未満の猫は午前8時から午後8時まで展示可能(成猫は午後10時まで)
 ・長時間展示の場合、途中で休憩時間を設ける
 ・高齢猫を展示する場合、定期的に健康診断を受けさせる等、健康に配慮した扱いが必要

 このように法規制も「ペットビジネス」に追いついてきてはいるが、対象となるのは犬と猫だけで、それ以外の動物に関しては整備が不十分なのが現状だ。

 パンク町田氏は「人気に便乗してできたお店は、自分の知識や技術が向上する前にオープンさせてている可能性も高い。“展示“や“保管“として登録、業務を行う動物取扱業の場合、年に一回講習を受ける義務がある。飲食スペースで動物を飼う業務も、その中に入れて欲しい」と訴えている。(AbemaTV/AbemaPrimeより)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00010005-abemav-soci
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/755-a5b8a4e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)