シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あっという間
桜の花もあっという間に満開になり あっという間に散ってしまいました
16日に開催されたむさしの、神奈川合同展も無事終了しました
お陰様でたくさんの御出陳をいただき 盛況に終えることが出来ましたが
会場の閉門時間が決まっており 最後はバタバタ慌ただしくなってしまいました
至らない点も沢山あったかと思いますが 役員一同力を合わせて頑張りました
ご出陳いただきました皆様本当にありがとうございました
秋展もよろしくお願いします

合同展が終わったばかりのような気がしますが もう木曜日
あっという間に4日が経過してしまいました
今日は午後から庭の草むしりをしました
やり慣れないことをしてヘトヘトです
これからの季節は雑草との闘いです

2月22日 猫の日生まれの子犬たちも順調に成長し 明後日22日におむかえです
生まれてからもう2ヶ月も経つなんて。。。。
やっぱり 時間の流れが速すぎる

アランちゃん(左)とファルちゃん(右) アランちゃんはお空へ旅立ちました 
aranfaru.jpg




さて 今日の記事は歯磨きについてです


子犬、子猫のうちに歯磨き好きに 虫歯より怖い歯槽膿漏 獣医師が解説

Q:飼い犬の口臭が気になります。

A:口臭がするときは、まず口のなかをよく観察しましょう。歯茎が赤くなっていれば歯肉炎を起こしています。症状が進行してくると、歯肉(しにく)から出血している場合もあります。歯肉炎の段階で治療を始めてあげれば、もとの状態に戻りやすいので、早めに動物病院に行って下さい。なお犬や猫では、虫歯になるケースは少ないです。

Q:歯肉炎に気づけなかったらどうなりますか?

A:症状が進行して歯周炎を発症します。歯肉炎を放置すると歯肉溝の細菌が増殖してしまい、歯の周りに「歯周ポケット」という深い溝ができます。そこに歯垢(しこう)や歯石がたまって歯周炎が起きます。放っておけば歯槽膿漏(しそうのうろう)になって、歯が抜けてしまいます。

歯肉炎の段階であれば歯ブラシで歯垢を取り除き、必要に応じて薬を与えます。でも歯周炎まで進んでしまうと、全身麻酔をかけたうえで歯垢や歯石を取り除く必要がでてきます。歯がぐらついている状況であれば、そのまま抜歯することもあります。

Q:歯の病気は怖いんですね。

A:歯が痛くなると、食欲がなくなることも多いです。そうなると、元気までなくなっていきます。また歯肉炎に気付かず放っておくと、血液中に細菌やその毒素が流れ出し、腎臓病や肝臓病の原因になることもあります。

Q:予防法はありますか?

A:人間と同じく、歯磨きをすることです。犬も猫も、歯垢がたまると3~5日で歯石になります。人間より速いペースで歯石ができるわけですから、できれば毎日歯磨きをしてあげてください。犬猫用の歯ブラシなどはペット用品店や動物病院で入手できます。

ただ成犬、成猫になってから始めるのはなかなか難しい。子犬、子猫のうちから歯磨きに慣れさせることが大切です。成犬、成猫で歯磨きを嫌がるようであれば、無理にするのはやめましょう。歯磨きがどんどん嫌いになるだけですし、場合によっては攻撃性を引き出すことになります。

歯磨きが好きになるよう、まず歯ブラシを見せながらおやつをあげる、次に歯に歯ブラシをあてておやつをあげる……など、焦らず慣らしていってあげてください。

(山根義久・動物臨床医学研究所理事長)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00010001-sippo-life
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/771-c0819387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)