シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

だれだ!
今日は久しぶりにエアコンを切りました
最高気温26度 とっても涼しい~
昨日は1日雨で退屈だったのはわかるけど ったくろくなことしかしない。。。。
我が家では庭に工場扇を置いて回しています
そのコードを付け根から引きちぎってくれました
もう扇風機は動きませんからね
暑くても母ちゃんは知りませんよ
だれだ! こんなことをしたのは!

ミルフィーちゃんとチコちゃん
mirufitiko.jpg




さて 今日の記事は犬猫の誤飲、誤食についてです


犬や猫の急患に多い誤飲・誤食 特に注意すべき有害物4つ

動物病院の夜間救急に多い症例の一つが、犬や猫の誤飲や誤食。約2割を占めるという。チョコレートや玉ねぎなど人間が普段から口にしている食べ物でも、動物の身体には有害なものもある。


ペットの手が届かないところに保管すれば、誤飲・誤食の多くは防げるので、飼い主は普段から注意してほしい。

 動物病院での処置は、「トランスエキサム酸」という薬を注射して、食べたものを吐かせることが多い。異物を詰まらせた場合は動物専用の内視鏡を使って、取り出すこともある。
.
◆特に注意したい身近なもの

(1)玉ねぎ、ニラ、ニンニク
 赤血球が弾ける「溶血」になり、貧血を引き起こす。煮込むなど火を通してもダメ。これらの食材の煮汁を飲ませるのもダメ。ネギも同様の理由で食べさせてはいけない。

(2)キシリトール入りガム、タブレット
 ダイエット甘味料のキシリトール成分が有害に。腎臓が反応してインシュリンの分泌を促進して、低血糖になってしまう。

(3)チョコレート
 症状は不整脈や嘔吐など。チョコレートに含まれるテオブロミンという成分がよくない。特にブラックチョコレートは注意。

(4)ガマガエル
 動物に襲われると毒をだす。食べて死ぬこともある。雨上がりには都会でも道路に出没するので、犬の散歩時には注意しよう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-00010000-sippo-life

スポンサーサイト

コメント
タイミング♪
最近・・・PCに向かうのが億劫になってきて
たまに立ち上げてはここに訪問しています
今日も久しぶりに見たら可愛い写真が~~(^_^)v
ありがとうございます!!
でも~ミルフィー&チコちゃんですよ(*^_^*)

涼しいのは台風の影響でしょうか~?
また暑くなるはずですよね(T_T)

[2017/08/03 22:17] URL | ミルメロママ #GpJA0K56 [ 編集 ]


ミルメロママさん ようこそ♪
ミルフィーちゃんのお名前間違えてごめんなさい
訂正しました
歳のせいか脳みそが働かなくなっています
また間違いがあったら教えてくださいね
[2017/08/05 15:12] URL | シルク #9qBN96OM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/785-7a999539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)