シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕返し
9月に入ったとたんに涼しくなりました
犬たちも気持ちよさそう
例年 いつまでも暑いですねとあいさつしていたのが嘘のようです

猫のハイジは常に私にくっついていたい子
私の後をついて歩きます
でも台所にいるときは邪魔だし危ないので台所の入り口のドアは猫が勝手に開けられないよう鍵がかかるようにしてあります
今朝も私に続いて台所に入ってこようとしたので ドアに鍵をかけてしまいました
しばらくドアの前でないていましたが そのうち静かになりあきらめたのだと思っていましたが
リビングに戻ってみると私の椅子の上に大きなうんPがしてありました
台所に入れないようにされた嫌がらせでしょう
ったく。。。
猫ってこういうところが好きじゃない。。。

ルナちゃん 14歳10か月でお空へ旅立ちました 安らかに
runa.jpg




さて 今日の記事は犬に安心なお部屋づくりについてです



愛犬にとって危険な5つのインテリア!怪我をしない部屋作りを心がけて!

現代では、ほとんどのワンちゃんが室内飼いとなっています。快適に過ごせる室内でも、危険なインテリアがあることはご存知でしょうか?愛犬に辛い思いをさせないためにも、しっかりと室内の環境をチェックしてみましょう!

愛犬のことを考えた部屋作りをしよう
人間と犬とでは、体の大きさも行動も知能も違います。
わたしたち人間にとっては快適だったりオシャレにしている空間でも、犬にとっては実は危険が潜んでいるということがあります。

では、どんなインテリアや家の中のモノに気をつければ良いのでしょうか?
早速、具体的に5つの例を見ていきましょう!

危険な例1:観葉植物
お部屋の中に緑があると素敵で癒やされますよね。
わたしたちは観葉植物を「食べ物」として認識しませんが、犬にとっては「食べ物」として見えている場合があります。
特に、犬がお腹の調子が悪いと感じているときには「草を食べて消化や排便を促そう」として観葉植物を食べてしまうケースがみられます。
中でも毒性があり危険なものは、
バラ科、ナス科、ユリ科、トウダイグサ科、ツツジ科、キンポウゲ科などの植物です。

対処法
お部屋の中に植物をインテリアとして飾る場合は、犬の届かない場所にしっかりと固定しましょう。
また、犬にとって毒性の少ない植物を選ぶこともポイントです。

危険な例2:ゲートが無い
玄関へつながる道に、犬が越えられない高さのゲートが設置されていない場合は要注意です。
愛犬が普段は賢いワンちゃんなので「うちの子は脱走なんてしないわ」なんて思っていても、飼い主さんがふと目を離した時に玄関から抜け出して居なくなっているケースがあります。
実際に、私の愛犬も仔犬のころ、ゲートを設置していなかったため気づかぬうちに玄関から脱走をしていて、近くの道路で発見したことがあります。
長時間脱走したことに気付かずに遠くまで行ってしまっていた場合、大変なことになっていたでしょう。

対処法
玄関や人がよく出入りする所の近くには、取り付け型のゲートを設置しましょう。
購入する際には、愛犬が飛び越えられない高さのもので安定感のあるものを選びましょう。

危険な例3:高いソファやベット
ソファやベットなど、犬はみんながくつろぐ場所が大好きです。
自分より高くても頑張って登ろうとします。
そうすると登り降りの時に、腰や関節を痛めてしまい椎間板ヘルニアや手足の脱臼を引き起こします。
特にダックスフントやコーギーなどの胴長短足犬種、チワワやパピヨンなどの骨が小さくて細い犬種はダメージを受けやすいので注意してあげましょう。

対処法
専用のスロープを取り付けてあげたり、段差を少なくするために床に硬めのクッションを置いたりして調節してあげるのが良いでしょう。
登り降りの際に関節や腰に負担がかからないように工夫してあげましょう。

危険な例4:滑りやすい床
犬が室内の床を歩くとき、フローリングなどの床材のお家だとツルツルと滑って歩きにくそうにしていることはありませんか?
特に、楽しい時や興奮したときにダッシュやジャンプをするワンちゃんも多いと思いますが、床が滑る素材だと転倒したりして危険です。

対処法
フローリングの部分は、柔らかい素材でできたマットを敷いたりして歩きやすくしてあげましょう。
爪などによって床材が傷付くことも防止できるので、一石二鳥ですよね。

危険な例5:爪が引っ掛かるカーペット
カーペットやラグの中には毛が長いものもありますよね。
敷物の毛にも種類があり、
1本が髪の毛のようにまっすぐに植え付けてあるもの。
1本が輪っかになるように植え付けてあるもの。
が主に販売されています。
後者のように毛が輪っかを作っている場合、輪の中に犬の爪が引っ掛かり身動きが取れなくなったり、パニックを起こしたりして危険です。

対処法
なるべく1本1本が真っ直ぐになっている構造のカーペットを選びましょう。
どうしても変えられない場合は、愛犬の爪をこまめに短く切ってあげるなどの配慮をしましょう。

まとめ
あなたのお部屋にも当てはまるインテリアはありましたか?
犬とわたしたちがお互いに快適に生活するためには、愛犬にとっての危険が潜んでいないかどうかを常に考えながら、お部屋作りをしていきたいですね。

この記事があなたとワンちゃんの素敵なお部屋作りの参考になれば嬉しいです!

https://wanchan.jp/osusume/detail/6026
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/793-3b69a6e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。