シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

掃除機
暑い日が続きます
今朝は汗を流しながら掃除機をかけたのですが ちっとも吸い込まない
もう壊れたのかな?
なんかつい最近買ったような気がする と思って調べてみたら今年の1月に購入していました
まだ10ヶ月しか使ってないじゃん!
買い換えようかと思っていましたが 取説を見ながら掃除機のお掃除をしてみました
ごみ捨てはするけど メンテナンスはしたことなかった。。。。
細かいほこりがたくさん出ました
今日は掃除機のお掃除をしただけでぐったり
明日は部屋に掃除機をかけなおしてみようと思います
ちゃんと吸い込むといいなぁ~


また 悲しいお知らせが届きました
はなちゃんが突然お空へ旅立ってしまったそうで あまりに早いお別れにただただ茫然としています
1歳3ヶ月でした
はなちゃん 安らかに
hanamaru.jpg




さて 今日の記事は愛犬の名前に関するタブーについてです



あなたもついやっていませんか?愛犬の名前に関する3つのタブー

あなたは昨日、愛犬の名前を何回呼びましたか?愛犬はそのとき、きちんと反応してくれましたか?普段何気なく口にしている愛犬の名前ですが、気をつけるべきことがあります。さあ、チェックしてみましょう!

①名前を呼んで叱ってはいけない!
犬を飼い始めたらまずすること。それは、愛犬にぴったりの名前をつけることではないでしょうか。
人間と同様、犬にも名前がないと不便ですし、自分や家族が考えた名前をつけることで、新しい家族となった愛犬への愛着がわきますよね。

さて、愛犬につけた名前が定着した頃になると、ついついやってしまいませんか?「○○、ダメでしょー!」と、愛犬の名前を呼んで叱ること。実はこれ、飼い主さんが「ダメでしょー!」なんです。
犬にとって名前とは?
わたしたち人間と違い、犬には「名前」という概念がありません。犬は名前を理解しているのではなく、名前を呼ばれた後の出来事や経験を名前と関連づけしています。
実は、犬にとって名前は「注目!」のコマンドになっているのです。

名前を呼んでから叱るのは×

もし飼い主さんが「注目!」のコマンドである名前を呼んでから愛犬を叱るとどうなるでしょうか?
「名前を呼ばれたから注目したのに、叱られた!」と、愛犬は混乱します。これを繰り返すうちに、「名前を呼ばれる→叱られる」と関連づけをしてしまい、やがては飼い主さんが名前を呼んでも逃げたり、無視するように。悲しいですね……。
では、そうならないためにはどうしたら良いのでしょうか?
答えは簡単。「名前を呼ばれる→良いことがある」と関連づけすれば良いのです。例えば、名前を呼んで愛犬がこちらに注目したらオヤツを与える、たくさん褒めてあげるなどを繰り返します。そうすると、「名前を呼ばれて注目すると、良いことがある!」と関連づけされます。
やがて愛犬は、名前を呼ばれると、期待感を持ってこちらに注目するようになるはず。きちんと名前に反応するようになったからといって、ご褒美を忘れてはいけません。「良いことがある!」という愛犬の期待を裏切らないように気をつけて下さい。
そして、叱るときは愛犬の名前は呼ばず、「イケナイ!」「ダメ!」などと言って、注意を促しましょう。

②あだ名は名前をしっかり認識してから!
愛犬に愛着がわいてくると、ついついやってしまいませんか?――愛犬をあだ名で呼ぶこと。
わが家の愛犬の名前は2文字。たった……たった……2文字なのに……あだ名で呼んじゃいます。「ゆーちゃん」と。たまに、「ゆー」も。
「ゆー、オイデ」なんて言っているのを他人が聞いたら、「You、オイデ」と言っているように聞こえてしまうかも!?
どちらのあだ名でもわが家の愛犬はちゃんと反応してくれますが、愛犬をあだ名で呼ぶ場合、ちょっと注意が必要です。

名前を連呼すると…
呼んでも無反応な愛犬の名前を何度も何度も呼ぶと、どうなるのでしょうか?
名前を呼ばれても1回では反応しなくなってしまい、連呼しないとこちらに注目しなくなってしまうのです。
また、名前を連呼されているうちに「注目!」というコマンドの意味合いが薄れてしまい、やがて犬は名前を自分とは無関係なものと学習してしまうことも。そうなると、名前を呼んでも無視するようになってしまいます。

無視されないために
愛犬の名前を呼んで無視されないために、日常生活の中で愛犬の名前を連呼しないように気をつけ、愛犬が「名前を呼ばれると良いことがある!」という期待感を持ち続けられるようにしてあげましょう。
また、名前は「注目!」のコマンドですから、犬を呼びよせるときには名前は使わず、「オイデ」のコマンドと区別した方がベターです。

もし、愛犬が名前に全く反応しなくなってしまった場合は、別の名前をつけるという手段があります。新しい名前で、「名前を呼ばれる→良いことがある」という関連づけをやり直せばいいのです。
でもできれば、せっかくつけた最初の名前でいてほしいですよね。

まとめ
いかがでしたか?3つのうち、あなたはいくつ「あるある」とつぶやきましたか?
どれも飼い主さんが「ついつい」やってしまいがちなものばかりですよね。犬にとって名前は、「注目!」のコマンドですが、飼い主さんにとってみれば愛犬への思いがこもった大切なもの。
その大切な名前を愛犬に無視されないように・・・
名前を呼んで叱らない
あだ名は名前をしっかり認識してから
名前を連呼しない

の3つに気をつけましょう。

https://wanchan.jp/osusume/detail/4729
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/802-733ea226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)