シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

気温差
一昨日まで半袖を着ていたのに昨日からぐっと気温が下がり長袖を重ね着しています
気温差が大きすぎて体調を崩してしまいそう。。。
衣替えをまだしていないので薄手の長袖しかない
早く衣替えしなくちゃ
天気予報はずっと雨の日が続きます
せっかくお散歩に丁度良い気温になったのに秋晴れはどこに???

ブリーダーを長い事しているので仕方ないことかもしれませんが 悲しいお知らせが続きます
シオンちゃんが13歳半でお空へ旅立ったとご連絡をいただきました
犬の寿命は15年前後 わかってはいてもあまりに早いお別れです
最近は1年が本当にはやくて10年が束になって飛んでいくようです
シオンちゃん 安らかに
お空の上はお友達がいっぱいで寂しくないね

桜ちゃん 人も犬も大好きな子に成長しています
sakura7.jpg




さて 今日の記事は犬のイライラについてです



犬がイライラしてしまう4つのこと

人間にもイラッとしてしまったり、怒ってしまうことがあるように、犬にもそのような感情が湧き起こることがあります。では、犬はどのような事に対してイライラしてしまうのでしょうか。またイライラしている時はどのような行動をとるのでしょうか

犬がイライラしてしまう原因
飼い主さんが大好き!という愛犬にも、飼い主さんの行動によってイラッとしてしまうことはあります。まずは犬が飼い主さんに対してイライラしてしまう行動を4つご紹介していきます。あなたは下記の原因に心当たりはありませんか?

①飼い主さんが構ってくれない
まずは飼い主さんがなかなか構ってくれないという理由です。
この理由には2パターンあり、1つは飼い主さんが仕事などで外出する時間が多い場合、帰ってきたから「構ってくれる!」と思っていたら期待とは違ったというものです。このケースは、「拗ねる」という形で愛犬はイライラしてしまいます。
もう1つは飼い主さんが多くの時間を家で過ごし、いつもはずっと構ってくれるというパターンです。この場合は、「いつもは構ってくれるのに、なんで今日は構ってくれないんだよ!」とイライラしてしまうことがあるのです。
しかし、後者の場合は、普段から飼い主さんが構い過ぎてしまったが為に、愛犬が自分が1番であると勘違いしてしまっている可能性が高いです。これは、普段から飼い主さんが愛犬を甘やかしすぎないよう、普段の接し方を見直す必要があります。

②飼い主さんに嫌な感情をぶつけられた!
まずは自分が日頃のストレスからイライラしている時のことを思い出してみてください。その状況の中、愛犬が少しイタズラしてしまったり、いつもは完璧にできるトイレを少し外してしまい、大声で怒ってしまったことはありませんか?
いつもなら許すことができても、自分がイライラしていることで、愛犬にも八つ当たりのように怒ってしまうという行動には、自己嫌悪したという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
このような状況には、愛犬が「なんで怒られたのだろう」という疑問からストレスが生まれ、怒りに変わってしまうことがあります。
自分に置き換えてみても、理不尽なことで怒られてしまえばイライラしてしまいますよね。飼い主さんも愛犬に対して、なるべく冷静に対処できるよう心がけましょう

③おやつをなかなか貰えない
皆さんは愛犬におやつを与える際、「お座り、お手、おかわり」などの一芸をさせますか?これは基本動作と言って、愛犬を躾るためにもとても大切です。
しかし、愛犬がおやつをもらうため、頑張って芸をしたにもかかわらず、焦らしてなかなか与えないという行動を取ってしまっては、愛犬は「何か間違えたかな?」と戸惑ってしまいますので、正しい躾にはなりません。
またこれを続けてしまうと、「芸をしたのになんで貰えないの」と愛犬もイライラしてしまい、その結果、信頼を失ってしまいかねません。心当たりのある方は今すぐ止めましょう。

④おもちゃを突然取られた
夢中になっておもちゃで遊んでいる愛犬は、飼い主さんから見ても可愛らしく、楽しそうに見えますよね。そこで「ちょっとイタズラしちゃおう」とおもちゃを突然取ってしまうと、愛犬は横取りされた気分になり、イライラしてしまいます。
そのおもちゃに対し、夢中になっていればいるほど、怒りを露わにします。中には飼い主さんの行動を見越し、唸って威嚇する子もいるでしょう。
「そろそろおもちゃで遊ぶのは終わり」とする場合は、一度声をかけて落ち着きを取り戻させてから渡してもらいましょう。
イライラしている時に見せる行動やしぐさ
ここまで犬がイライラしてしまう飼い主さんの行動をご紹介して参りましたが、ここからは犬がイライラしている時に見せる行動やしぐさを見ていきたいと思います。

あくびをする
まずは「あくびをする」という行動です。あくびには様々な意味が含まれていますが、眠い時以外にあくびをしている場合には、強いストレスがかかっていると考えましょう。
「なんだかイライラするな」「不安だな」と感じている時にもあくびをしますので、飼い主さんは「眠いんだな」と済ますのではなく、その前に自分がした行動を思い返し、愛犬のストレスになっていないかどうかを確認しましょう。

自分の前足を舐める
愛犬が自身の前足をしつこいくらいに舐めるというのは、イライラしている証拠です。
基本的にはすることがなくなってしまった時や、飼い主さんに構ってもらいたいという気持ちが強く出ている時に、この行動に出ます。
したがって、先ほどお話しした犬がイライラする原因の中では、飼い主さんが構ってくれないという理由で前足を舐め始めることが多いでしょう。

まとめ
いかがでしたでしょうか。このように犬が飼い主に対してイライラする原因は様々です。今回ご紹介したようなイライラした時の行動をしているのであれば、まずはどこに原因があるのかを考えましょう。

https://wanchan.jp/osusume/detail/7350
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/803-00166b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)