シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてるかなぁ
今日はワンワンワンで犬の日です
朝晩ぐっと冷えるようになりました
犬達には快適な気候ですね

普段TVはほとんど見ないのですが たまたま見た番組2つ
2つとも番組名はわからないのですが
一つは有名人の子供の頃の同級生が今はどうしているのか取材する番組
もう一つは夜中に放送されている有吉さんとマツコさんがおしゃべりをしている番組でした

私が中学生だった時 今から思えば彼はきっとLGBTだったんだろうなという人がいました
しぐさが女性ぽくって残酷なあだ名は男女
当時はそんな知識もないし世の中も今のようにオープンな感じではなかったので 自分の性に悩んでいる人がいる
ということすら考えたこともありませんでした
中学校で何の時間だったのか覚えていないのですが 体育館で各人好きなように過ごしフォークダンスをしている人たちもいました
私は女友達と彼の三人で立ち話をしていたのですが そこに1人の先生が来て彼にフォークダンスに参加するように言いました
見ると女性が一人多くてパートナーがいません
でも 彼は僕はいいですよ~と断ったところ いきなりその教師は彼を殴りつけ早くフォークダンスに参加するよう命令しました
大粒の涙を流し でもフォークダンスをしているから涙をぬぐうことも出来ないまま彼は踊っていました
泣き顔を人に見られたくなかっただろうし 今から思えば男側の踊りをすることに抵抗があったのかもしれません
自分の言うことを聞かない生徒をいきなり殴りつけた教師
今だったら問題になっていたでしょうけど 昔は結構普通にあったように思います
有吉さんとマツコさんが他の人が暴力をふるわれているところは忘れられないと話していましたが 私もこの部分だけはっきり覚えています
今 彼はどうしているのかなぁ~
女性になっているかもしれないと勝手に想像しています 

花奈ちゃん 元気で14歳になりました
hana3.jpg




さて 今日の記事は愛情と虐待についてです



あなたは大丈夫?愛犬への『過剰な愛情』は虐待へと繋がる

愛犬が大好きすぎる!というあなた。実はその愛情が虐待へと繋がる恐れがあります。この記事では、そんな「過剰な愛情」が引き起こす虐待をご紹介していきます。是非チェックしてみて下さい。

愛犬への「過剰な愛情」は虐待へと繋がる
愛犬が大好き!良い暮らしをさせてあげたい!そう思う飼い主さんは素晴らしいです。しかし、犬は身体的にも精神的にも人間と同じではありません。
人間がされると嬉しいことでも、犬にとっては辛いことかもしれません。大好きであればあるほど、愛犬は「犬」であることを忘れがちになります。
あなたが愛犬を愛すれば愛するほど、愛犬は不幸になっていくそんなことは避けたいですよね。
今回は「優しい虐待」をテーマに、避けたい行動をご紹介していきます。ではさっそく、見ていきましょう!

1.いつもベッタリ一緒にいる
「家の中ではいつも抱っこや添い寝をして、たくさん話しかけて愛情をかけています」という飼い主さんはいませんか?
また、犬を孤独にお留守番させるのは可哀想…と思ってどこへ行くにも愛犬を連れて行ってしまうことも犬にとってはストレスです。
犬は大体15時間くらいの睡眠が必要なので、家の中で構い過ぎたり、散歩以外で外に連れ回すと犬は疲れてしまいます。
どんなにお出かけが好きな犬であっても、落ち着ける静かな場所で休ませてあげることが大切です。

2.ファッション性や人間並の清潔を求める
いつもキレイにカットされ、フリフリのお洋服を来て、可愛いバギーでお散歩している…こんなワンちゃん見たことありませんか?
実は、どれも犬にとって幸せなことではありません。犬のシャンプーやお手入れは月に1回程度でよいとされ、人間並に頻繁に行うと犬は肌荒れをしたり体の本来の機能が落ちてしまいます。

犬の服
犬の服についても、短毛や毛の性質上寒がりな犬種を除いては必要ありません。フリフリのスカートが付いていたり、キグルミのような動きにくくなるものは犬にとっては迷惑です。やめてあげましょう。

自分の足で歩かせる
また、バギーでお散歩は身体上の理由がない限り、犬には必要ないでしょう。
自分の足でしっかり歩いて筋肉をつけ、地面の感触や匂いを確かめることが、犬にとってお散歩の満足度を上げるのです。

3.人間の食べ物をあげる
人間用のミルクやオヤツなどをあげてしまうと、お腹を壊したり肥満の原因になります。犬と人間では必要な栄養も違うので、しっかりと犬にとって最適な食事について勉強することも愛情です。
また、人間の食事は塩分やカロリーが高いので、食事中におねだりされてもあげてはいけません。

4.しつけをしない
警察犬や盲導犬などの働く犬のような厳しいしつけはしなくてもよいですが、人間社会で共存するためのルールはきちんと教えてあげるのは愛情です。
噛みつく、無駄吠え、飛び出すなどの行動はしないようにきちんと飼い主さんがコントロールしてあげましょう。みんなに愛されて穏やかな一生を送れるようにしてあげたいですよね。

5.肥満のことを考えていない
丸太のように太ったコーギーが「虐待だ」とニュースになっていたのを見たことがある方はいませんか?
愛犬が美味しそうにエサやオヤツを食べる姿が可愛くて、おねだりされるとたくさん食べ物を与えてしまった結果、肥満になってしまうのです。
肥満になると内蔵や骨、運動にも支障をきたします。愛犬の健康管理も飼い主さんの愛情です。心を鬼にして、食べ物は適量を与えましょう。

まとめ
いかがでしたでしょうか?
人間と共存するために必要な最低限のしつけをして、あとは犬の自然な姿や環境を尊重するようなゆったりとした接し方が1番良いのかなと私は思います。
飼い主さんの自己満足ではなく、「愛犬にとっての幸せ」とは何なのか?ということをもう一度よく考えてみると良いですね

https://wanchan.jp/osusume/detail/7583
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/805-f05e9eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。