シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

飽きた
昨日は穏やかなよいお天気に恵まれ神奈川支部展が無事終わりました
ご出陳いただいた皆様ありがとうございました
そうきち君とこう君も遊びに来てくださり感激!
ありがとうございました

今日は夕方から雨になりましたが午前中は日差しも暖かく良いお天気でした
そんな中 我が家の隣の小さな公園からオカリナの音が聞こえてきました
こう書くとのんびり穏やかな風景を思い浮かべる方もいらっしゃると思いますが
実際は 飽きた。。。。
2時間の間に聞こえてきた曲は童謡のふるさと のみ!
その他は音階の練習だけ
吹いている方はいろいろ考えながら練習しているのでしょうけど 強制的に聞かされている者としてはほかの曲はないのかよ
という気分でした

シャインちゃん 15歳の誕生日をお祝いしました
shain.jpg




さて 今日の記事は犬用のジャーキーについてです



アメリカで犬用ジャーキーによって犬が多数死亡!お宅のそのジャーキーは安全ですか?

わんちゃんのおやつとして最もメジャーなジャーキー。手軽にあげられて便利ですが、その裏でわんちゃんの死亡事故も起きているのです。

中国産ジャーキーにより、アメリカで一千匹の犬が死亡
米会議の公聴会にて発表された、米食品医薬品局(FDE)のフォーファ副部長からの証言により、驚くべき事実が発覚しました。

なんと中国産のジャーキーによって、アメリカで一千匹の犬が死亡したというのです!
2007年より被害が出始め、2014年5月までの約7年間の間に4800件の届け出が出されました。
届け出によると、犬5600匹が食後に嘔吐、下痢などを起こし、その後1000匹が死亡したとのこと。
そのうち6割は胃腸疾患で、3割は腎臓や膀胱などに異常があったとのことです。

これだけ大きな被害が出ているという事は、このジャーキーでの死亡事故は我が国日本でも無視出来ません。
日本でも警戒、皆のジャーキー事情
大きな恐怖を巻き起こした中国産ジャーキーの死亡事件は、日本でも大きな話題を呼び、実際に動物病院などで院内に貼り紙等をし、病院に来ている飼い主さんを中心として注意喚起をしている所もあるのだとか。
事実私の周りにも、ジャーキーはササミをカリカリに焼いたのもを手作りして与えている犬友が多くいます。
それだけあの痛ましい事故は、世界の飼い主たちを震撼させたと言えるでしょう。

市販のジャーキーが危険と言われる原因って?
それほどまでに私たちをジャーキーから遠ざけた、元々の原因を探ってみました。
体調不良や、病気、さらには死までをも引き起こした原因は主に、添加物と塩分の摂取過多によるものと思われます。
それらを大量に摂取する事により、腎臓や膵臓に大きな負担がかかり、昨今の死亡事故への原因となったようです。

恐ろしい添加物の影響とその症状
私人間の間でも、近年食品添加物による健康被害から、それぞれが口にするものへの見直しが盛んになってきましたが、それはわんちゃんも同じです。
市販のジャーキーにはとても多くの添加物が含まれています。

こんなにあった!摂りすぎると危険な添加物
BHA
BHT
ソルビ酸カリウム
プロピレングリコール
亜硫酸ナトリウム

人間でも気を付けなくてはならない物を、体の小さいわんちゃんが大量に摂っていいはずがありません。
これらを摂取し過ぎると、ゆくゆくはとても恐ろしい症状に見舞われます。

添加物が原因で起こる恐ろしい症状
麻酔の副作用のリスクが高まる
皮膚アレルギー
その他アレルギー
ぜんそく
嘔吐
下痢
代謝異常症
膵炎(すいえん)
肝臓障害
がん

こんなにたくさんの病気のリスクを抱えてまで、添加物に塗れたジャーキーを食べさせたいと思いますか?

まとめ
中国産ジャーキーは、日本でも今現在も多く流通しています。
そして、例え国産であっても、添加物をふんだんに使っているおやつは数え切れないくらいあるでしょう。
その中からどうか安全な物を選びとって、大切なわんちゃんに与えて下さい。
わんちゃんの健康を守れるのは飼い主さんだけなのですから。

https://wanchan.jp/osusume/detail/4468
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/807-be762ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)