シルクの日々
シルクとシェルティたちの日々を時々綴る日記です 
プロフィール

シルク

Author:シルク
シェルティを愛してくださる方にクオリティの高いシェルティをお届けできるよう繁殖を続けています。
子犬のお問い合わせは「シェルティの広場」をご覧の上 メールにてご連絡ください

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

うそでしょ。。。
今日 関東地方は梅雨明けしました
うそでしょ
まだ6月だよ
観測史上6月の梅雨明けは初めてだそうです
私は秋になるまで梅雨が続けばいいのにと思っているくらい夏が苦手
もう暑いだけで体力を使い果たしてしまいます
今年は暑さも厳しい予報
もう夏だなんて これから約3ヶ月どうしよう。。。

子犬の飼い主様募集中です
可愛いお顔の女の子 4月23日生まれです
お名前、ご住所、お電話番号を明記の上 メールにてお問い合わせください
bd180423fs6-51a.jpg




さて 今日の記事は犬への氷の与え方についてです



犬に暑さ対策で氷を与えてもOK?与える際の注意点とは

暑そうにハァハァ舌を出している犬に、氷を与えて冷やしてあげようと考える飼い主さんは多いと思います。しかし、犬に氷を与えても大丈夫なのでしょうか?そこで今回は、犬に暑さ対策で氷を与えてもよいのかをご説明します。

犬に暑さ対策で氷を与えるのはOK!
犬に暑さ対策で氷を与えるのはOKです。特に、ハァハァと苦しそうに舌を出している犬には、効果的な暑さ対策だといえるでしょう。
犬は、暑さや寒さに弱い動物です。その理由は、犬は私たち人間のように上手く体温調節を行うことができないためです。私たちは、全身から汗をかくことで体温調節をしています。しかし、犬の汗腺は肉球にしかないため、被毛に覆われた体から熱を放出することができないのです。
犬が暑いときにハァハァと舌を出す行為は「パンティング」と呼ばれます。これは、舌から熱を出すことで体温調節を行っているのです。上記のことから分かるように、犬の暑さ対策を考えるなら”汗腺のある肉球”と”熱を出す舌”がポイントになります。舌を冷やすことができるという点で、犬の暑さ対策に氷を与えるのは効果的だといえるのです。
ひんやり冷たく、だんだんと溶けていく氷を好む犬は少なくありません。ちなみに、我が家のトイプードル・くるるも氷が大好きです。次第に溶けて小さくなる氷は、犬にとっては不思議なようです。水に浮かべると、氷を舐めながら水も一緒に飲んでくれるので、水分補給にも役立っています。

お腹を冷やさないように注意が必要
犬の暑さ対策に氷を与えるのはOKですが、お腹を冷やさないように注意しなければなりません。特に、氷を初めて与える際は、たった1つであっても犬の様子に変化がないか注意深く観察しましょう。お腹の弱い犬は、氷によって下痢やおう吐を引き起こす場合もあります。
氷を与えることによってパンティングがおさまったら、それ以上氷を与える必要はありません。犬のお腹が冷えないように室温を調整したり、犬用ブランケットを用意したり、快適なお部屋作りに努めましょう。

与えてもよい氷の量や大きさは?
犬の暑さ対策で氷を与えるときは、犬の大きさや体調を考慮して量を設定しましょう。小型犬であれば1~2つで十分かもしれませんが、大型犬ならフード用の器に数個まとめて与えてよい場合もあります。犬に氷を欲しがるまま与えるのはいけませんが、いくつ以上与えてはいけないという決まりはありません。しかしながら、氷は一時的な暑さ対策でしかないため、お腹を冷やす可能性を危惧するぐらいなら多くを与える必要はないでしょう。
また、犬に与える氷の大きさは、喉に詰まることのないサイズでなければなりません。小型犬や超小型犬には、砕いて与えるのもよいでしょう。なお、与える際は水に濡らすことで舌に張り付かないようになるのでおすすめです。

氷の与え過ぎは「氷食症」を引き起こす可能性も…
「氷食症(ひょうしょくしょう)」とは、氷を無性に食べたくなる病気のことです。氷食症の原因は明らかになっていませんが、一説によるとストレスなどによる精神疾患や鉄欠乏性貧血ではないかといわれています。
氷食症は、人間だけが引き起こす病気ではありません。犬であっても、飼い主の氷の与え過ぎが原因で氷を異常に欲しがるようになり、氷食症になってしまうケースがあるようです。犬が異常に氷を欲しがるそぶりを見せたときは、動物病院で診察を受けましょう。

まとめ
犬に暑さ対策で氷を与えるのはOKだということと、与える際の注意点をご紹介しました。いかがでしたか?
犬の暑さ対策は、さまざまです。そのため、氷に頼るのではなく、効果的に与えることをおすすめします。氷を与えた場合は、喉に詰まらせることのないように必ず見守るようにしましょう。さらに、お腹を冷やさないようにクーラーの効き過ぎに注意して、必要があれば犬用ブランケットを用意してあげてくださいね。
初めて氷を与えるときは、飲み水の入った器に氷を浮かべて、ひんやりした冷たさを感じてもらいましょう!

https://wanchan.jp/osusume/detail/10861
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sheltiesplaza.blog.fc2.com/tb.php/832-8df1b7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)